ニコチンを含まない禁煙薬のチャンピックスについて

タバコを止めたい人のための禁煙薬としては、ニコチンが含まれているガムやパッチが使用されることが多かったわけですが、最近ではニコチンが含まれていない禁煙薬も登場しています。
タバコを吸うことによって健康被害を受けることが知られており、肺がんはその代表的な例となります。
喫煙による健康被害を防ぐためには、禁煙を行うことが最適の方法となっており、チャンピックスなどの禁煙薬が開発されています。
タバコが止められない原因としては、たばこに含まれているニコチンが脳にある受容体に作用して、神経伝達物質であるドーパミンを放出させることとされています。
ドーパミンは快楽物質で、幸福感が得られるものとなりますので、急に禁煙をすると切望感や離脱症状などの症状が現れます。
禁煙薬であるチャンピックスには、受容体と結合する作用があるために、チャンピックスを服用することでドーパミンを放出させることが可能で、そのために禁煙による離脱症状などを軽減できる効果があります。
チャンピックスには中途半端に、受容体を活性化させる作用があることから、少しずつたばこを吸う量を減らしていくことで、禁煙治療をすることができます。
受容体にはチャンピックスが結合しているために、喫煙した場合であっても受容体が活性化されることがなくなり、タバコを吸っても満足感が得られなくなる効果もあります。
チャンピックスは一般的な薬局やドラッグストアで購入できる医薬品ではなく、医師の処方によって手に入れることができる種類の禁煙薬となりますので、禁煙外来のある医療機関を受診することで購入できます。
チャンピックスには副作用を発症する危険性もありますので、医師の指導のもとで服用することがおすすめとなります。