薬の併用禁忌と警告

処方箋でもらう薬や市販の医薬品などのは、説明書がついております。
その中には、一番大切な注意事項が書かれております。
注意事項というもの薬だけに絶対にしてはいけない行ってはいけないという警告の意味でもあります。
そんな説明をよく理解した上で服用するのが一番正しい飲み方でありますが、中にはその説明を無視して服用される方もいます。
一般的に薬は決められた量を決められた時間に服用し、決められた方法で服用するのが一番正しい方法であります。
それを逆らうかのように、又は知らないという意味で間違った服用をする方がいます。
量を正しく守らない方や時間を守らずして好きな時間に服用する方、お茶やジュース、お酒で服用する方など間違った方法で服用してしまうと1つ間違えると大変な事になってしまいます。
薬の効果が強くなってしまったり、副作用が出やすくなったりと体にダメージを与えてしまいます。
特に多数の薬を飲む際やお酒などと飲んでしまうという組み合わせが悪いと大変な事になります。
自分は良しと思っても身体は良くありません。
そのような事が薬の併用禁忌といいます。
いわゆる絶対にしてはいけない服用方法であります。
薬の説明書にも書いてある事を守り正しい服用をすることであります。