個人輸入したチャンピックスと交通事故

タバコには無数の有害物質が含まれています。
百害あって一利なしと言っても過言ではないのがタバコです。
しかし、そうは分かっていても、やめられないのがタバコなのです。

タバコに含まれている無数の有害物質の中で、とりわけ有害だとされているのがニコチン・タール・一酸化炭素です。
その中の1つ、ニコチンがタバコをやめられない原因です。

ニコチンを摂取すると、ドーパミンという快楽を生じさせる物質が放出されます。
但し、放出は一時的なものです。
ですから、人は失われた快楽を求めて、ニコチンが欲しくなります。
この症状をニコチン依存症と言います。
そして、このニコチン依存症こそが、害があると知っていてもタバコをやめられない原因です。

禁煙治療には禁煙補助薬が用いられますが、その中の1つにチャンピックスという薬があります。
従来の禁煙補助薬にはニコチンが含まれています。
ニコチンが含まれた禁煙補助薬はニコチンの効果を利用しつつ、徐々にニコチン量を減らすことでニコチン依存症の克服させ、禁煙を促す狙いがあるのですが、チャンピックスの場合、ニコチンが含まれていない禁煙補助薬となっています。
ですから、チャンピックスを使用すればニコチンの害におかされることなく、健康的に禁煙できるのです。

チャンピックスは基本的には医師から処方される薬です。
個人輸入サイトを利用すれば、処方箋がなくても入手可能です。

但し、注意すべき点があります。
それは、副作用です。
チャンピックスには意識の低下、消失といった意識障害を引き起こす可能性があります。
実際にチャンピックスを使用したことによる意識障害が原因で、交通事故が発生しています。
また、抑うつ気分や自殺念慮、更には自殺行為といった報告まであります。

ですから、絶対に用法・用量を正しく守って使用しなければなりませんし、何か異変を感じたら、すみやかに使用を中止する必要があります。